朝日新聞 産経新聞 読売新聞 日経新聞 ボストンの天気 為替レート アメリカ法律サイト MapQuest Boston Globe ホームページへ戻る
ホームページ > 街めぐり情報 > Shopping
 意外と安く付くBostonでの買い物

旅行の楽しみの一つはやっぱり買い物!特に女性にとっては大きな割合を占めるのではないでしょうか?
アメリカではそれぞれの州によって物に対する消費税が違っていて同じ物を買っても州によって値段が変わってくるのです。

Bostonのあるマサチューセッツ州は5%で日本と同じです。ニューヨークなんかは8.25%もあるので、絶対にお得です。しかも洋服には$175まで無税となっています。つまり$175のものをニューヨークで買うと$14.43も差が出てしまいます!!
$175を超えるとどうなるかというと・・・$300−$175=$125 →この$125に対して課税されます。

マサチューセッツ州の上隣のニューハンプシャー州は完全に無税なので更に同じ物を買えば値段が変わってきます!

ちなみにボストンは生活食料品に関しても無税です。

では、ボストンでの代表的なショッピングエリアを紹介しましょう

 Newbury Street

ボストンのショッピングと言えばNewbury Street (ニューベリー通り)でしょう。Back Bayにある東から西に流れる1本の通りで、レストラン・本屋・アパレル・カフェなどたくさんのお店が所狭しと並んでいます。 しかもここBack Bay地区はレンガ作りの町並みが色濃く残っている所なのでとっても歴史を感じる事が出来て歩いているだけどボストンを感じる事が出来ます。

Back Bay地区の特徴として縦の道の名前がアルファベット順になっています。
つまり、Public Gardenの所からArlington・Berkelry・Clarendon・Dartmouth・Exeter・・・と8つの通りが続きます。最後はHから飛んでMassachusetts通りになりますが・・・。この道の特徴としてアルファベットの速い方から高級品が置いてあり、下に行くにつれてカジュアルなものになっていきます。
ちなみに、真ん中辺りのDartmouth通りの駐車場にある壁画は、ボストンにゆかりのある人たちがたくさん描かれており、必見です。全員わかればあなたはもうBostonian!?

端から端までゆっくり歩いて15−20分程度だし、日本でもなじみのあるブランド品や、アメリカ・ボストン特有のものなどたくさんのものが見つかるので、散歩するには最高です。楽しい所なので1時間ぐらいはすぐに過ぎてしまいますよ!

ボストンで家を探している人にもオススメ。たくさんの不動産屋がありますので、一度見てみるのも良いのでは?

最寄りの地下鉄はグリーンラインのArlington駅、Copley駅、Hynes・Convention Center駅です。
Newbury StreetのWebsiteもあります!

 

 Filene's Basement (ファイリーンズ・ベースメント)

ボストンで一番有名なアウトレットショッピングモール的なデパート。1階より上は普通のニューヨークで言うMacy’sみたいなデパートだが、地下1階と2階にセカンドハンドや売れ残った商品をディスカウント価格で販売しています。品質の悪いものもありますが、とっても良いものもありますので、ちゃんと探せばかなりの掘り出し物が見つかります。

更にここの人気の秘密は安いだけではありません。値札をよく見ると日付がうってあります。この日付がポイントで日付から2週間経つと値札から更に25%引き、3週間経つと50%、4週間経つと75%引きになります!!
だから同じ物でも日付を見て更に安く買う事が出来るのです。ただし、あと1日待てば安くなるからといって、次の日来てもない可能性がありますので、そこら辺の駆け引きはお任せします。

置いてあるものは殆どがアパレル関連のものですが、中には家具や旅券コーナーなどもあり、こんな物まで??と言うものがうってびっくりする事もあります(笑)

最寄りの地下鉄は、グリーンラインのPark Street、レッドライン&オレンジラインの Downton Crossingです。

 

 Faneuil Hall & Quincy Market (ファニュエル・ホール&クインシー・マーケット)

Newbury Streetと並んでボストニアン&ボストン観光客に人気なのがここ。ショッピングビルとFood Conerビルの計3つの建物が一緒になっている広場です。ビルと言っても2−3階建てなので小さいと言えば小さいですが大道芸人や独立戦争時代の服装を来てうろうろしている人たちがいて不思議な空間を作っています。(ちなみに一緒に写真撮ったら$2ぐらいチップとして取られますよ)

昔は集会場や生鮮市場だった所を再開発で復活したもので、真ん中の建物がファニュエル・ホールで主に食べ物屋さんがはいっています。両側の建物がSouth MarketとNorth Marketでお土産屋さんやアパレル物屋などがたくさん入っています。Web site

フリーダムトレイルの途中にあるため、フリーダムトレイル完歩の最大の敵と言われています。つまり、楽しくてついついここで時間を費やしてします為、最後までフリーダムトレイルを終わらせる事なくここで終わってしまう人が多いと言う事です。

夜になると、まわりの木々や屋根などがライトアップされるので、夜に寄ってみるのも良いかも。

最寄りの地下鉄はグリーンライン・ブルーラインのGovernment Cente駅かオレンジラインのHeymarket駅
Government Cente駅から坂を下って最初の信号を左に曲がると見えてきます。
Heymarket駅からは時計台を目指して歩けば見えてきます。


余談ですが、クインシーマーケットに隣接する白い屋根で金色の帽子をかぶった比較的大きな建物(上の写真の右の建物)は昔の市庁舎です。かの独立戦争のきっかけの一つとなったボストン茶会事件の決行を論議した所でもあり、歴史的名所の一つです。「自由のゆりかご」と呼ばれ、自由な論議を尊重された場所でもありました。それにあやかってか、かつて大統領選挙戦でジョン・F・ケネディーやクリントン元大統領が演説して所としても知られています。

この金色の帽子の上にはバッタの飾りがあります。ロンドンの商工会議所と同じ物を付けているらしいのですが珍しいので要チェック!

 

 Copley Place (コープレー・プレイス)

Back Bayの中心に位置するCopley 広場に隣接するショッピングセンター。比較的上質のものを扱っているのでちょっとしたブランド品などが欲しい人は是非ここへ!詳しいお店の名前はWeb siteをみてください。

このモールの特徴は様々な施設と繋がっている為外に出なくても色々な用がたせると言う事です。具体的に言うとWestin HotelとMarriott Hotelが、ここより更に高級品を扱っているニーマン・マーカスやサックスフィフス・アベニューなどの高級デパート、また次に紹介するPrudential Shopping Centerとも繋がっており大変便利です。

クリスマスなどの掻き揚げ時を除けば基本的に朝10時から午後8時まで殆どのお店が営業しており比較的ゆっくり買い物が出来ますが、お店によっては早く閉まる所もあるので注意!

このショッピングモールはアメリカのモールにしては珍しく食べ物屋さんがほとんどないので、隣のPrudential Mallに行くかどこか他で食べる事をオススメします。

最寄りの地下鉄はグリーンラインのCopley駅

 

 Prudential Mall (プルデンシャル・モール)

上記で紹介したCopley Placeと隣接したショッピングモールで、比較的カジュアルなものを置いています。どちらかと言うと正面入り口(StarMarketの2階)からCopley Placeへ繋がる1本の通路の両端にお店が並んでいると言うようなモールと言うよりはショッピング通りといった感じのモールです。そういう雰囲気をいっそう出しているのがそこら中にある屋台の存在でしょうか?屋台と言ってもラーメン屋とかがあるのではなく、立派なお土産屋ですよ!

ここのモールは比較的ボストンに住んでいる人も利用するぐらいカジュアルなものが多いので、日本にはない日用品のよう物を買いたい人にはオススメです。
日本でもドラッグストアが繁盛していますが、ボストンに遊びに来た友達がCVSやスーパーなどの普通のお店で結構ワイワイ言いながらお土産を買っているようなので・・・。

 

 Cambridgeside Galleria Mall (ケンブリッジ・ギャラリア・モール)

グリーンラインの終点Lechmereからすぐの所にあるショッピングモール。地下に駐車場があって買い物しやすいのでよく行くモールです。結構日常生活に必要なものがある程度そろうと言うのもありますが、どっか買い物へ・・・と思うととりあえずここに来てしまいます(笑)
3階建てのモールで家電デパートのSearsやFilene'sが隣接しており、Food Courtも充実しているので便利です。Ann Taylor, GAP, Banana Republicや日本にもようやく入ってきたCambridge Soundworksが入っています。その他の店舗はWebsiteを見て下さい。

 

 The Coop, Harvard (ハーバード生協)

ハーバード大学にあるいわゆる「Harvard」グッズがたくさん売っている所です。 ボストンのお土産の定番とも言えるこのHarvardグッズですが、こんな物にまでロゴ入れるの??と言うものがたくさんあり、結構楽しかったりします(笑)

地下鉄のHarvard SQ出口の正面にある玄関から入ると、壁に昔の「School」の紋章が飾ってあります。 これは、元々大学の中にあった日本でいう「学部」それぞれに紋章があって、それが集まって現在の総合大学になったものの名残を見せています。現在も学部の事を「School of Business」や「Law School」などと呼んでいるのもこの為です。

Web site

地下鉄レッドラインのHarvard Squareが最寄りです

 

Outlet Shopping Mall

 Wrentham Village Premium Outlets (レンサム・ビレッジ・プレミアム・アウトレット)

ボストンから車で約30分南下した495号線沿いにあるアウトレットモール。Maine州にあるKittery Premium Outletsも経営する同じグループの一つ。まだ出来てから数年だが、年々店舗が充実してきている。 今まではMaine州にまで足を伸ばさなくてはいけなかったアウトレットショッピングだが、ここが出来てからは近いし税金がMaine州よりも安いのでかえってこっちの方が良い場合もある。
Adida, Barney'sNY, Calvin Klein, Eddie Bauer, DKNY Jeans, Kenneth Coleなど大体欲しいものは見つかるはず!その他の店舗はWebsiteを見て下さい。

(508)384−0600

 

 Kittery Premium Outlets (キッテリー・プレミアム・アウトレット)

ボストンから車で約1時間北に走ったNew Hampshire州とMaine州の境目にあるアウトレットモール。もっと北にある有名なFreeportに行く途中に行くのが面倒になって結局ここで用を済ませた事がたくさんいる思いますが、ここでも十分欲しいものは見つかるはず!
ちょっと一つ一つのショップ群が離れているので、車での移動の方が便利。
上記のWrenthamとほぼ同じ物は手に入るし、アウトドア物がちょっと多いかも。その他の店舗はWebsiteを見て下さい。
せっかくMaine州に来たらロブスターを食べてね!

1(888)5488-3779

 

 Freeport (フリーポート)

アウトレットの元祖的な存在のFreeport。ボストンから北に2時間ちょっと走ればFreeportです。片田舎に突然現れてくるこのOutlet、モールと言うよりはお店がそこら中に建っていると言う感じ。Mapを見ながら上手くまわらないと同じ所をぐるぐる回ってしまうので注意。
ここのOutletはL.L.Beanのファクトリーストアがある事で有名なので、是非寄って下さい。
ちなみにL.L.Beanのお店の前にあるアイスクリーム屋さんは美味しいのでオススメ。

ボストン市内の観光情報を置いている所には必ずFreeportのパンフレットがあるのでそれを参考にしてね!

 

 
 
 
ホームページに戻る  

© 2002 Tatsuya Nagasue. All rights reserved.